メインイメージ

工事保険、組立保険で補償されるもの

工事保険の組立保険、何が補償されるのでしょうか?
⇒こちら(建設工事の保険即日加入センターのご案内)などを参考に勉強しました。

組立保険は、建物の内装、外装工事、電気設備工事、空調整備工事、給排水設備工事、ガス設備工事など、ビルの設備工事において、事故による損害が生じた際に、復旧費が補償される工事保険です。

組立工事といっても、多岐にわたるから、さまざまな補償内容があります。

自分の会社が施工している工事に合ったタイプを、しっかり選択する必要があります。

対象となる工事は、建物の内装、外装の工事、電気工事、冷暖房工事、給排水の衛生、ガス設備工事などのブル付帯設備工事で、組み立てる作業を指してこの名前がついています。

工事の目的物、材料、仮枠や足場、電気の配線、配管、電話、法令設備、照明設備などや、工事用の仮設備、現場の事務所、宿舎、倉庫などの工事に際して、仮設建物をつかっている場合、またその中に収納されている什器や備品を対象にしています。

補償されるのは、工事に伴う危険による損害、外来の危機による損害の二点です。

受け取る保険金のうちわけは、損害額(復旧費)から自己負担額を引いた金額になります。

自然災害の多い最近だから、保険の問題は切実です。

かけておくと安心ですよね。